MENU

社会「お客様のために:基本方針」

DAIKENグループは、「製品の安全に関する基本方針」と「品質の取組み」を定め、お客様が安心して使用できる製品の提供に努めています。

  • 製品の
    安全に関する
    基本方針
  • 品質の
    取組み
  • 行動
    計画

製品の安全に関する基本方針

大建工業株式会社及び大建工業グループ各社(以下「当社」といいます)は、製品の安全確保を企業の社会的責任と認識し、経営の重要課題に位置づけ、以下のとおり製品の安全に関する基本方針を定め、安全に機能し、安心して使用できる製品の提供に取り組みます。また、お客様に対する説明責任の遂行や製品事故への誠実な対応に努めます。

1.安全・安心で、社会に有用な製品の提供

当社は、消費生活用製品安全法及びその他の製品安全に関連する法令を遵守することはもとより法令の趣旨を十分認識し、お客様に対して、より安全・安心で、社会に有用な製品の提供に努めます。

2.社内体制の整備・強化

当社は、製品安全確保のための仕組みの見直し、必要な文書類の整備、全社横断的な製品安全担当部署の設置等、社内体制の整備・強化を図ります。

3.情報提供

当社は、製品の安全で正しい使用法や取り扱いに対する注意等、適切な情報をお客様に提供いたします。

4.製品事故情報の収集・開示

当社は、製品事故に関する情報について、社内情報伝達ルートを整備するとともに、お客様及び取引関係者からの積極的な情報収集、並びにお客様に対して当社が保有する製品事故に関する情報の適切な提供・開示に努めます。

5.製品事故の報告

当社は、重大な製品事故が発生した場合には、法令に基づき、監督官庁等に対して迅速に報告いたします。

6.製品回収の実施

当社は、法令や各種ガイドラインに準拠した手順書を制定し、製品回収が必要と認められた場合は、被害拡大を防止するため、迅速に実施いたします。

7.再発防止策の策定

当社は、製品事故が発生した場合には、迅速にその原因を究明し、再発防止策を策定し、必要な措置を講じます。

8.周知徹底、運用評価

当社は、法令及び本基本方針の周知徹底を図るため、社内関係者に対して、教育・研修を実施するとともに、製品の品質と安全性の管理・運用状況を定期的に確認します。

DAIKENグループ品質の取組み

お客様の満足度向上につながる「高機能製品」と、地球環境を守り、持続可能性を確保した「エコ製品」を開発し、提供することが、DAIKENグループの重要な責務であると強く認識しています。
その実現のために、発展的努力を通じて「品質マネジメントシステム」を持続的に運用していきます。

信頼に応える製品の提供

当社の固有技術・インフラを最大限に活用し、お客様の信頼に応える品質の製品を提供します。

新製品の創出

お客様のニーズと当社の技術力を融合させ、お客様の期待に応える「高機能製品」、「エコ製品」を創出します。

お客様の立場に立った業務遂行

営業・物流・管理・サービスなどの業務を、お客様の立場に立って、迅速かつ確実に行います。

コンプライアンス

事業活動にかかわる法令及び社内規則等を遵守し、お客様・社会に信頼される企業であり続けます。

コミュニケーション

積極的な情報の発信に努め、広く社会とのコミュニケーションの充実を図ります。

2017年5月1日改定

お客様のために

重点課題 2016年度の
計画
2016年度の
実績
2017年度の
計画

製品の品質向上・安全性の確保


  • 品質ISOを軸にした品質マネジメント体制のさらなる強化
  • 品質トラブルの削減・再発防止に向けた体制強化と施策の継続実施
  • 製品トレーサビリティ体制の強化
  • ISO9001 2015年版への対応
  • 品質審査体制の強化
  • 専門家による研修会等の実施
  • ユーザー登録者の登録管理(継続)
  • ISO9001 2015年版に対応した社内規程を改定・運用開始
  • 内部監査による実施状況の確認
  • アドバイザー増員等による審査体制の強化
  • 社外専門家による講演会の実施
  • ユーザー登録者数:9133名
  • 外部機関によるISO2015年版対応への移行審査を受審
  • 部門長を対象とした運用研修実施
  • 品質審査体制の強化(継続)
  • 専門家による研修会等の実施(継続)
  • ユーザー登録者の登録管理(継続)
  • 登録者情報の分析と活用方法の検討

顧客満足度の高い商品・サービスの提供


  • 消費者との接点強化による情報収集力の強化
  • 消費者目線に立った新製品開発に向けた推進体制の強化
  • 社外講師による研修会の実施
  • Webアンケートを使った意見収集の実施
  • 商品企画、プロモーション等の会議における消費者情報インプットの強化
  • 社外講師を招いての応対基礎研修、クレーム研修の実施
  • Webアンケートの実施(8回)
  • 消消費者情報、市場調査等を幅広く取り込んだ会議、試作品評価会を実施
  • 問合せ記録システムへの入力内容の見直し実施
  • 開発部門への個別周知
  • 顧客の意見をスピーディーに取り入れたマーケティングレビューの手法の検討
  • プロモーション、発売テーマの確定からツールの整備までを実施

お客様とのコミュニケーションの強化


  • ショールームや展示会などを通じたFace to Faceのコミュニケーションの強化
  • 営業活動を通じたコミュニケーションの強化
  • ホームページなどを通じたコミュニケーションの強化
  • 株主・投資家とのコミュニケーションの強化
  • 市場攻略の戦略と結びついた、プロモーション施策実施
  • TDY※3社のコラボレーションショールームの訴求力の強化
    ※TDY:TOTO、DAIKEN、YKK AP 3社
  • 建築専門誌(4誌)への掲載(25回)実施
  • 公共商業分野展示会の出展(ジャパンショップ等)
  • 名古屋、金沢、高松ショールームオープン
  • Web予約システム改修、アンケート実施等
  • 建築専門誌(4誌)への広告の掲載(継続)
  • 公共商業分野での展示会出展(継続)
  • 秋葉原テクニカルスペースの活用強化
  • 顧客への情報発信を通じて当社の理解促進
  • 当社の技術・製品品質の訴求
  • 方針説明会を実施(8カ所、731名出席)
  • TDY※コラボグランプリ表彰式『感謝のつどい』の開催(約370名出席)
    ※TDY:TOTO、DAIKEN、YKK AP 3社
  • 顧客への情報発信を通じて当社の理解促進(継続)
  • 当社の技術・製品品質の訴求(継続)
  • 社外ホームページによる情報発信強化
  • 公共・商業施設等の新たなお客様に対し情報発信を強化
  • 社外ホームページの全面リニューアルを実施し、情報発信を強化
  • 投資家に対し計画的な決算説明会の開催を実施(継続)
  • 投資家に対し計画的な決算説明会を開催(継続)
  • 投資家に対し計画的な決算説明会の開催を実施(継続)

個人情報の保護


  • 個人情報の厳正な管理の徹底
  • 個人情報保有状況、管理状況を確認
  • 適切に運用されていることを確認
  • 個人情報保有状況、管理状況を確認(継続)
  • 個人情報保護法の改定に対応
  • 製品の
    安全に関する
    基本方針
  • 品質の
    取組み
  • 行動
    計画