MENU

ガバナンス「組織統治:コーポレートガバナンス」

コーポレートガバナンスに関する取り組みについては、企業価値の継続的増大を目指して、効率的で透明性の高い経営が実現できるよう経営体制や経営組織を継続的に整備し、必要な施策を実施しています。

ガバナンス強化に向けた取り組みについて

DAIKENグループは、効率が高く、健全で、透明性が高い経営が実現できるよう、経営体制や組織体制、内部統制システムを整備し、必要な施策を実施していくことをコーポレートガバナンスの基本的な考え方とし、最良のコーポレートガバナンスを実現することを目的として、2015年度、新たに「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定し、その充実に継続的に取り組んでおります。
なお、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」の制定および同方針に基づく諸施策の実施は、当社が創立70周年を機に策定した長期ビジョン『GP25』において、「2025年のありたい姿」の一つとして掲げた「持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を支えるためのガバナンス強化」を実現するための取り組みの一環です。