MENU

環境「生物多様性保全活動の推進」

木質資源の調達、設計・開発、生産の各プロセスにおいて、持続可能な利用を実践しています。

森林認証(CoC認証)を取得

森林認証の種類には、森林に対する認証(FM認証)のほか、認証された森林から生産された木材の加工・流通プロセスに対する認証(CoC認証)があり、DAIKENグループの床材関連組織は、下表のとおりCoC認証を取得しています。

FSC®-CoC
認証
PEFC™-Co
C認証
認証番号 SGSHK-COC-005439 SGSJP-PCOC-1051
取得年月 2008年11月 2010年3月
ラベル FSC®-CoC認証ロゴ PEFC™-CoC認証ロゴ

木材資源の持続可能な利用の取り組み

森林資源の持続可能な利用に向けて、木材・木材製品の調達基準を定めた「グリーン調達基準」に基づき、管理された森林※からの木材やリサイクル材の調達を推進しています。

※管理された森林:
本基準では、施業計画に基づき、「成長量に見合った伐採を行っている」「伐採後に適切な植栽を行っている」など、木質資源を循環的・持続的に利用するため、森林の保続に対する適切な管理がなされている森林を指します。

製品への木質資源の使用状況

2016年度、国内生産拠点において製品原材料に使用した木質資源量は238千tで、そのうちリサイクル材(木材チップ、MDF)や植林材等の使用量は190千t(約80%)、天然木合板等の使用量は48千t(約20%)でした。

木質資源の内訳推移

木質資源の内訳推移

木材の循環利用

DAIKENグループは、「植林を進める」「適切に森林の木を使う」「一度使われた製品をリサイクルして使う」といった木の循環利用を推進しています。
特に木質資源の有効利用には50年以上前から取り組み、従来は捨てられていた建築物を解体したチップや製材の端材などを利用できるよう製造技術に開発してきました。
インシュレーションボードのリサイクル率は90%にまで上昇。軽量かつ高い断熱性、吸放湿性、クッション性などを活かした製品開発で、品質面でも市場から高い評価を得ています。

木材の循環利用イメージ

木材の循環利用イメージ