MENU

編集方針

DAIKENグループでは、CSRに対する取り組みや考え方をステークホルダーの皆様にご理解いただけるよう、冊子とWebの特性を生かして、活動をご報告しています。
近年の財務情報と環境・社会・ガバナンスなどの非財務情報を統合した情報開示の流れを踏まえ、従来のCSR報告書の要素に財務情報、事業戦略とを連動させるとともにガバナンスに関する内容を充実させ、「DAIKENグループレポート2017」として編集、発刊しました。
一方、Web版では、より詳しいCSR活動内容、パフォーマンスデータなどの各種データを掲載しています。

対象期間 2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)
ただし、一部期間外の情報を含みます。
報告範囲 大建工業(株)および大建工業グループ
環境パフォーマンスデータは、一部範囲が異なります。
大建工業(株)を示す場合は「DAIKEN」、大建工業グループを示す場合は「DAIKENグループ」と表記しています。
参考にした
ガイドライン
  • GRI(Global Reporting Initiative)「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン(第4版)」
  • ISO26000(社会的責任に関する手引き)
  • 国際統合報告評議会IIRC「国際統合フレームワーク」
  • 環境省「環境報告ガイドライン(2012年版)」
  • 環境省「環境会計ガイドライン(2005年版)」
発行月 冊子版:2017年8月、Web版:2017年11月
次回発行月 冊子版:2018年8月(予定)、Web版:2018年9月(予定)
発行部署 大建工業(株)経営企画部