DAIKENは森を育てています。

海外植林活動を通じた地球環境保全への貢献

DAIKENの連結対象会社であるダイケンサラワク社は、マレーシアのサラワク州政府が提唱するSustainable Forest Management(持続可能な森林経営)に参画し、サラワク州政府より5,500haの林区を植林用地としてライセンス取得し、不適地(河川、林道、貯水池等)を除いた約3,500haの実行林区で、植林事業に取り組んでいます。

2002年度からアカシアマンギウムの植林を始め、2005年度までに植林した面積は1,530ha(約4km四方)に達しました。2007年度には総植林面積が2,000haに達し、2009年度には3000haを超え、以降も500ha/年の植林を計画しております。

植林面積の推移
アカシアマンギウムの植栽状況植栽から2年後の植林地植栽から4年後のアカシアマンギウム
前のページへ TOPページにもどる 次のページへ
CSRDAIKENのECO 環境測定分析センター
社会・環境活動

ページのトップに戻る