MENU

イイくらしスタイル 理想のくらし-ペット-

理想のくらし

「ペットが家に来た」第2回 猫もやってきた!! 2017.07.25 テーマ:ペット 「ペットが家に来た」第2回 猫もやってきた!!

ワンちゃんの「ショコラ」を我が家に迎えました。娘たちは、一緒に猫を飼いたいというけど、大丈夫?

CHAPTER:01 犬と猫、一緒に住ませて大丈夫なの?

「ママ!ちょっときて!ショコラが私のカバンやベッドに顔をスリスリしてる」
ショコラが我が家にやってきて早2か月。
娘たちには、前から、新しくネコちゃんも飼いたいと言われている。

ワンちゃんの「社会期」は生後2~3ヶ月。ショコラにとって、新しくネコちゃんを迎え入れるには、ぴったり!というのも、その時期を過ぎると新しい環境に慣れることが難しくなるみたい。ショコラは、時期的には安心ね。

とはいえ、一緒に住ませて、大丈夫なのかしら…という不安があったけど、ペットショップのお兄さんが素敵なアドバイスをくれた。
「子犬は、成猫相手でも攻撃的になりにくいですよー!仲良くさせたいなら、子犬の背中に猫の好きなマタタビなどをふりかけてあげてください。自然と仲良くなりますよ」
そんなテクニックがあるのね。

よろしく!モナカ!

よろしく!モナカ!

安心して、ネコちゃんを迎えた。
アメリカンショートヘアー、名前はモナカ。
さてさて、モナカ(猫)と新しく家族になったショコラ(犬)は仲良くしてくれるかしら。

「聞いてよ、ママ。モナカが私のカバンや服におしっこかけちゃった!」
ショコラが我が家にやってきて早3ヵ月、モナカがやってきて1ヵ月が経った。

モナカは最近やっとトイレを覚えてきたところだったはず。
「どうしてトイレ以外のところで?しかもわざと私のものにかけているような気がする!」
確かに。きちんとトイレ訓練をしているし、それ以外でするといえば娘の部屋のなか。これはなにか理由があるのかな?

よく見ると、モナカはたまーにショコラの背中をぺろっとする。これでてっきり仲良くなったと思っていたけど、実は不安だったよう。
「そっか、人間でも新しい人が来たら不安になったりするもんね。ペットも一緒なんだな」

自分だけの居場所

自分だけの居場所

子どもには可哀想かもしれないけれど、モナカが慣れるまでは、それぞれ少し距離をあけてあげるべきなのかしら。主人と相談した。

「モナカにも、ショコラにも『自分だけの時間』があればいんじゃないかな?」と主人。そっか、人間も、どれだけ仲が良い友達と一緒にいても、1人になりたい瞬間があるようにね。

モナカを飼ってから、ショコラは落ち着きがない気がするしね。自分だけの居場所が必要ですね。

ワンちゃんは夜しっかり眠るから、ショコラ一匹で入れる「暗いスペース」のような隠れ場あればいいな。あっこの前買った収納ユニットの下、スペースが空いていて丁度いい。そこに、引っかいても大丈夫な「ペットパネル」を貼ったら安心ね。小傷がつきにくく、汚れも付きにくいんです。

いつでも部屋を自由に行き来したいネコちゃんには、「壁戸くぐり戸」があればいいな。

お互いが入ってこない、ショコラとモナカそれぞれの専用部屋があった方が安心できるそうだから、用意することに。お家を、部屋が多い設計にしていてよかったな。人も距離が必要なのと同じくペットにも距離感が大事ね。