MENU CLOSE

イイくらしスタイル 快適なくらし-季節-

快適なくらし

暑さと夏バテを乗り切る方法(3) 2017.06.21 テーマ:季節 暑さと夏バテを乗り切る方法(3)

8月後半になっても、9月上旬にかけてまだまだ暑い日が続きます。「お盆明けからの体調がいまひとつ」と思ったことはありませんか?

晩夏の夏バテのひとつ「脱水症状」。7月後半などと比べると、やや暑さがおちつくので熱中症対策を怠りがちですが、まだまだ油断は禁物。水分や塩分をうまくとらないと、やはり熱中症に。

水分は、一度にたくさんとらずにこまめに取ること。朝おきたときや外から帰ってきたときにはコップ1杯。屋内にいるときも1時間に一度、長時間屋外にいるときは20-30分間おきに、水分を口にしましょう。冷たすぎるお水よりも、常温での水分補給がおすすめです。

水分は、一度にたくさんとらずにこまめに取ること

ミネラル補給も大切です。真水だけをとっていても、からだの倦怠感は以外と回復しません。からだから出ていく、塩分などのミネラルも補給もしっかり必要だからです。天然水のほか、熱中症対策の塩分キャンディーなども最近はあるので、上手に利用してみてはいかがでしょう。

水に限らず冷たいものは、内臓の温度を下げ、胃腸などの働きを悪くしますよ。口から摂るものは大事ですね。食事にも旬のものを積極的に取り入れて、健康に夏を過ごしたいですね。