MENU

イイくらしスタイル 快適なくらし-心地よいくらし-

快適なくらし

新しい住まいで「虫」をシャットアウト 2018.04.25 テーマ:心地よいくらし 新しい住まいで「虫」をシャットアウト

新しい新居に引っ越して、しばらくしてどこから「嫌な虫」が入ってきてしまう。しっかり戸締りしている…にもかかわらずです。都会のマンションなどではよく聞く話です。

集合住宅の場合であると、飲食店やごみの集積場などが近くにあると、ハエ、コバエ、ゴキブリなどが侵入してくることが多くなるとか。もちろん殺虫剤が効果的ですが、人によってはアレルギーなどがありますので頻繁に散布は難しい場合には、まず侵入を防ぐのがなによりです。

虫が入ってくる場所をざっと数えてみると、

  1. エアコン(ドレンホースから)
  2. 通気口(お風呂、トイレ、部屋)
  3. 排水溝(お風呂、シンク、洗濯機)
  4. シンク下の排水溝と壁とのつなぎ目
  5. 玄関のポスト
  6. 扉や窓、網戸などの僅かな隙間

などなど、それなりの抜け道があるには驚きます!
これらの「嫌な虫」が入ってくる抜け道を防ぎましょう。基本的な考え方は「防ぐ=ブロック」となります。

まずは、エアコンのドレンホースは、台所用ネット・ストッキング・スポンジなどで塞ぎます。ただし、ゴミが詰まって水が逆流する恐れもあるので、目詰まりしないように適度に隙間のあるものでブロックしましょう。

つづいて通気口や排水溝は、ネットやカバーを付けるとよいでしょう。最近では専用品が販売されているので、それを利用するのも一つの手です。とくに、お風呂のシールタイプのネットは、髪の毛やゴミがたまったらぽいっと捨てることもできるので便利ですよ!

シンク、洗濯機下の排水溝と壁とのつなぎ目には、固まらない隙間パテを使って防ぎましょう。通常のパテと違い、固まらないので賃貸マンションでも安心して使えます。また、玄関のポストや扉や窓などの僅かな隙間には、隙間テープなどでブロックするとよいでしょう。

これだけで防いでも、「嫌な虫」はどこかからか侵入してきます。……本当に困ったものです。
彼らは「餌を求めて、暗く暖かい、外敵のいない住処を求めて」いるそうです。
逆に言えば、この「求め」に応じないことですね!

まずは、食べ物をそのまま置かないこと。匂いに敏感なので、ラップを必ずかけたり、冷蔵庫に入れるなどして放置しないようにします。

また、壁と家具の間に数センチでも隙間を入れることで、嫌な虫にとっては明るく寒くなってしまい、いづらくなってしまいます。さらに一部の虫は、アロマを嫌うようなので、ヒーリングを兼ねてアロマを焚くのは一つの手です。そしてなにより、掃除をこまめにする。

せっかくの新居、明るく快適に過ごしたいものです、そのためにも「嫌な虫」をしっかり防いでください!