天井リフォーム前に知っておきたいポイント!部屋をおしゃれかつ快適に 天井リフォーム前に知っておきたいポイント!部屋をおしゃれかつ快適に

天井リフォーム前に知っておきたいポイント!
部屋をおしゃれかつ快適に

天井リフォームを検討している際に、どのような仕上げ材を選んで良いか悩む方は多いと思います。きれいにするだけなら、クロス張り替えなど簡単な方法はいくつかありますが、せっかくであればきれいにするだけでなく、機能を追加して快適な空間を作り出せるのも天井リフォームの魅力です。
ここでは、天井リフォームの際に知っておきたいポイントと、おしゃれで快適にする方法について紹介します。

目次

天井リフォーム前に確認しておきたいこと

天井リフォームを成功させるためにも、計画の段階から確認しておきたいところをまとめました。

天井リフォームではリフォームの目的を明確にしよう

天井リフォームではリフォームの目的を明確にしよう

天井リフォームの際には、まずリフォームの目的を明確にすることが大切です。

部屋の雰囲気を変えたいのか、室内の環境に対する不満を解消したいのかなど目的によって工事内容が変わってきます。

例えば天井リフォームの目的としては下記のようなものがあります。

  • 汚れが落としやすい、つきにくい天井にしてきれいに保てるようにしたい
  • 部屋の雰囲気をがらりと変えたい
  • 音やにおいなど室内環境の不満を無くしたい
  • 断熱や耐震など家の性能を上げたい

他にもいろいろありますが、リフォームで何をしたいのかをあらためて考えて、目的を明確にしてからリフォームに取り掛かりましょう。

リフォームの目的ごとに使用する天井材を変えてみよう

リフォームの目的が決まったら、次は仕上げ材となる天井材を賢く選びましょう。

例えばリビングには意匠性の高い天井材、トイレには消臭機能を備えた天井材など、天井材の使い分けはリフォームを成功させるのに有効な方法です。
今は天井材に様々な種類があり、中には特徴的な機能をもった高機能な天井材もあります。

天井材の種類や機能に関しては下記の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

関連記事

快適空間を生み出す高機能な天井材

快適空間を生み出す高機能な天井材

天井材にはデザイン性だけでなく、より暮らしを豊かにしてくれる機能性の高いものもあります。
ここでは最新の天井材ではどのような機能があるのか、どのような目的に使えるのかを紹介していきます。

吸音/防音機能:テレワークスペースの反響防止

天井材の中には、吸音機能を備えているものがあり、室内で発生する音の反響を低減することができます。子どもの元気な声や不快な生活音を抑えて、テレビの音声や会話が聞き取りやすくなるため、テレワークでWEB会議をする方にもおすすめです。
また、防音性能を備えた天井材もあるため、ホームシアターや楽器演奏を検討している人は、床・壁・ドアなど他の防音建材とあわせて使うことで、防音効果の高い部屋を実現することもできます。

消臭機能:リビングやペットの臭い対策

天井材によっては不快な臭いを低減できる、消臭機能を備えたものもあります。リビングや玄関・トイレなどは、人を気持ちよく招き入れるためにも、臭いの対策をしておくと安心です。特に生活臭は自分では気づきにくいため、あらかじめ対策をしておくことで快適な空間を作ることができます。ペットを飼っている場合にも効果的です。

調湿機能:湿気の多い部屋の除湿や冬場の乾燥対策

部屋の快適さに大きく影響する湿度を調整する機能も、天井材で追加することができます。梅雨の時期など湿度が高いときは湿気を吸収してカビの発生を抑制し、冬などの乾燥しやすい時期には湿気を放出することで肌荒れや喉・鼻の痛みを予防することができます。

見落としがちなシックハウス対策

天井リフォームの際に念のため注意しておきたいのが、シックハウス症候群への対策です。シックハウス症候群とは、新築物件やリフォームの後に、建材から発生する化学物質などの影響で、目がチカチカしたり、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹というような症状が出るものです。そのため、建材選びの際には、シックハウス症候群の主な原因であるホルムアルデヒドの発散量が少ないものを選びましょう。建材のカタログなどに「F☆☆☆☆(☆が多いほど発散濃度が低くなる)」「4VOC基準適合」などの表記があるものが安心です。ホルムアルデヒドを吸着し分解する機能をもった製品もあります。

メンテナンス性:お手入れ簡単でキレイが続く

メンテナンス性:お手入れ簡単でキレイが続く

天井材の中には簡単にお手入れができるように工夫をしたものがあります。中性洗剤で直接表面の汚れを拭き取れる天井材もあり、汚れやすいキッチン周りなどにおすすすめです。

人気の木目調で不燃性にすぐれた天井材も

常に高い人気を誇る木目調の建材においても、デザイン性に加えて、不燃性にも優れたものが増えています。

木目調の天井材を使ったナチュラルテイストなインテリア

天井材:グラビオ羽目板V〈クリアベージュ〉軒天井材:ダイライト軒天羽目板〈クリアベージュ〉
天井材:グラビオ羽目板V〈クリアベージュ〉
軒天井材:ダイライト軒天羽目板〈クリアベージュ〉

無垢材のようなナチュラルな風合いをもちながら、高い不燃性をもつ木目調の羽目板もあります。木目調のクロスと違って羽目板のストライプ目地による凹凸が生まれ、洋室にも和室にもマッチする、より素材感のある仕上げとなります。

古材風の木目柄を使ったホテルライクなインテリア

天井材:グラビオ羽目板V 古木柄〈UB84〉
天井材:グラビオ羽目板V 古木柄〈UB84〉

古木柄の木目を活かした天井材で、近年人気を集めている古民家風の和モダンな演出も可能です。実物の古材の場合、見た目の品質面や、不燃性・清掃性などの機能面で不安を感じるかもしれませんが、この天井材を採用することで安心できます。

天井リフォームをする機会はそう何度もないと思いますので、事前にリフォームの目的を明確にしてから、多くの建材をチェックし、デザイン性・機能性についてよく吟味しましょう。

※ここに掲載されている情報は2022年06月14日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめのDAIKEN製品

関連記事コンテンツ
天井をおしゃれにするには?ポイントやおすすめ建材を紹介
木目の天井がおすすめの4つの理由。失敗しないためのポイントや種類も解説