キッズ収納の選び方とは?ボックスや収納棚を使って子供部屋を綺麗にするコツを紹介 キッズ収納の選び方とは?ボックスや収納棚を使って子供部屋を綺麗にするコツを紹介

キッズ収納の選び方とは?
ボックスや収納棚を使って子供部屋を綺麗にするコツを紹介

キッズ収納と言っても収納ラックや収納ボックス、収納棚など種類が豊富です。子供部屋に取り入れるとなるとどのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。

これからお子さんが生まれる予定のある家族にとっては、子供服の収納などを考えているお客様も多くいらっしゃいます。今後お子様の予定のあるお客様にはキッズ収納について語れるかどうかが購入の鍵となることも多いでしょう。

本記事では、キッズ収納の選び方から子供部屋を綺麗にするコツを紹介します。また、子供が収納できるようになるまでのステップも合わせて解説しますので、子供が自発的に片付けを行えるような習慣を作りましょう。

目次

キッズ収納は年齢に合わせて考える

まず、キッズ収納は子供の年齢に合わせて考える必要があります。子供の年齢によっては収納が必要なものが異なるため、年齢に合わせた収納で子供がストレスなく片付けられる環境を作ってあげたいものです。

収納するものが大きく変わるタイミングを以下にまとめましたので、それぞれで気をつけなければいけないポイントを抑えていきましょう。

  1. 乳幼児
  2. 幼児期
  3. 小学生(1〜2年生)
  4. 小学生(3〜4年生)
  5. 小学生(5〜6年生)
  6. 中学生
キッズ収納は年齢に合わせて考える

乳幼児

乳幼児では、何よりもまず安全確保が一番です。そのためには家具配置への配慮が大切です。よく使うモノは、棚に置くだけ、箱に入れるだけなど、片付けるアクションを減らし、ストレスを軽減できるざっくりとした収納を用意しましょう。モノが増えやすい時期なので、本当に必要なモノを見極めるのも大切です。

1〜2歳になったら、まずはマネっこ遊びから片付けに親しんでいきましょう。

幼児期

幼稚園や保育園など、集団生活がスタートして、「自分のモノ」を理解できるようになる時期。モノの管理や片付けの方法を学び始めるタイミングです。

「出したら戻す」というシンプルな習慣を、親子で学べるように写真や絵などのラベリングで定位置を分かりやすく示していきましょう。きちんと片付けが出来たときは、褒めてあげることも大切です。

小学生(1〜2年生)

小学校に入学すると、教材や文房具など新しいモノが急激に増えます。環境とモノの変化に戸惑わないよう、親のサポートが大切な時期になります。

用途別に収納「エリア」を決め、ワンアクションで出し入れできるように工夫して、片付けや明日の準備を習慣化できるようにし、自分のモノを大切にする姿勢を身につけられるようにしましょう。

小学生(3〜4年生)

教科ごとの教材や持ち物がどんどん増える一方で、本やゲームなど遊びの世界も広がる時期です。親は片付けを手伝うのではなく、子どもが自分のモノを自分で片付けられる方法を一緒に考え、アドバイスしていく時期です。

「出す、分ける、しまう」という片付けの大原則を覚え、片付けの良さを実感することで習慣化できるようにしましょう。

小学生(5〜6年生)

興味を持つ分野に個人差がはっきりと現れ、自分のコレクションや様々なモノの購入が増える時期です。また、自分だけではなく、みんなが使うことも意識できる時期なので、親は「見守る」ことで、子どもの自主性を育てるように心がけましょう。

自分にとってのモノの使いやすさを意識しながら、生活の無駄を省き、学習効率も高めていけるようにしましょう。

中学生

心も体も大人に近づき、行動や興味の範囲も大きく広がる時期です。

子ども自身が、自分にとって快適で使いやすい部屋づくりを考え、「自分の空間を自分で片付ける」ことで自己管理の意識を高めていけるようにしましょう。欲しいモノを自分で買う機会も増え、進路について考えるなど、頭の中の整理も必要になってきます。

キッズ収納家具のおすすめ3選

キッズ収納家具は以下の三つがおすすめです。家具のデザインや用途が違いますので、それぞれの特徴や目的を紹介します。

お部屋の中でも子供部屋は特に散らかりやすいため、お部屋のインテリアや収納するものに合わせた家具を選ぶようにしましょう。
また、据付収納と上手に組合せすることも、お部屋の整理整頓にはおすすめです。

  1. 収納ラック
  2. 収納ボックス
  3. 収納棚
キッズ収納家具のおすすめ3選

収納ラック

キッズ収納家具の中でも収納ラックは、おもちゃの種類や子供の年齢に合わせた収納が行えます。レゴブロックやぬいぐるみなど、子供のおもちゃの形状はさまざまです。

収納ラックは、おもちゃの種類に合わせて収納する場所を分けられますので、どこに何を片付ければ良いのかが分かりやすいです。

子供部屋は特に散らかりやすいため、子供が自発的にお片付けをできるよう子供の目線に合わせた収納ラックを選んでいきましょう。

収納ボックス

収納ボックスは、キッズ収納家具の中でも安全性にこだわった家具です。子供がぶつかってもケガをしないように、角の丸いものや倒れにくいデザインのものが多いです。

またキャラクターが描かれるものから、インテリアの一部となるようなデザインのものまで種類がとても豊富です。

片付けるものにより収納ボックスの大きさも異なりますので、購入の前に何を収納しないといけないのかを明確にしておく必要があります。

収納棚

キッズ収納家具の中でも収納棚は、子供の成長に適応した使い方ができます。シンプルなデザインのものが多く、おもちゃや本、衣類などが収納できます。

収納棚は、仕切り板の高さを変えられるため子供の年齢に合わせた収納が行えます。仕切り板の高さによって絵本を収納するか教科書を収納するかなど、子供の年齢や収納するものに合わせた高さ設定ができます。

子供は年齢と共に必要なものも変わってきますので、年齢に合わせた収納棚の使い方を考えてみましょう。

キッズ収納の選ぶポイント

おすすめの収納や年齢に合わせたキッズ収納家具の選び方を紹介しました。キッズ収納も種類やデザインが豊富ですので、お部屋に合うものを選ぶためのポイントを紹介します。

以下の点を踏まえながら、お部屋に合うものを選びましょう。

  1. デザイン
  2. 収納力
キッズ収納の選ぶポイント

デザイン

キッズ収納には大きく「キャスタータイプ」と「ボックスタイプ」に分かれます。

タイプにより活用方法や適した収納が異なりますので、違いをしっかりと理解していきましょう。

キャスタータイプ

キャスタータイプは、移動ができるのでおすすめです。キャスター付きの収納棚や収納ラックは楽に移動ができるため、子供でも安心して使えます。

またキャスターが付いていれば、取り出すとき以外はスキマや棚の下にしまっておけます。スペースを有効活用でき、生活の邪魔にもならないのでとてもおすすめです。

一方で、乳幼児でも簡単に移動ができてしまい、転んだりぶつかったりしてしまう危険性も考えられます。容易に動かせることはメリットでもあり、デメリットにもなりうるので、使い方を検討してから使用することをおすすめします。

ボックスタイプ

キッズ収納に多いボックスタイプは、簡単に収納ができるためおすすめです。ボックスの中身を丁寧に整理する必要は少ないため、購入をしたタイミングでしっかりと分類ができれば使いやすいです。

カラフルな色のボックスがあるので、乳幼児が色別で分類することを覚える時にも重宝します。おもちゃの種類や片付けるものの大きさで、ボックスを分けてあげると子供が片付けやすくなります。

おもちゃの収納だけではなく衣類の収納など他の用途にも使えるため、年齢に合わせた使い方ができます。

しかし、特に乳児の場合はボックスの中身が見えないことがあります。中身が見えないと、遊びたいときにおもちゃを取り出せなくなってしまいます。乳児の遊ぶ機会を奪わないためにも、使い方を工夫する必要があります。

収納力

キッズ収納家具ではデザインだけではなく、収納力も見るようにしましょう。子供は年齢を重ねるにつれ、おもちゃの数や学校で使う教科書など種類が豊富になります。

おもちゃが収納できるほどのサイズに合わせて収納家具を購入すると、何度も買い替えなければならず手間がかかります

収納力に余裕を持った収納家具を選ぶようにしましょう。収納ラックであれば、おもちゃ以外も収納できるようなものを選び、収納棚であれば、仕切り板の高さが変えられるものを選ぶようにしましょう。

お部屋によっては収納力で家具を選んだ結果、お部屋が狭く圧迫感を感じる場合がありますので注意しましょう。

キッズの収納までの3ステップ

キッズ収納に適した家具を選んだら、子供にしっかりと片付けてもらう習慣を作るようにしましょう。どこに何を片付ければ良いか分からないと、お部屋が散らかる原因になります。

以下の三つのステップを踏みながら、子供が自発的に片付けを行うための準備をしていきましょう。

  1. おもちゃを仕分ける
  2. 箱の種類を絞る
  3. 片付けるべき場所を教える
キッズの収納までの3ステップ

1.おもちゃを仕分ける

収納していく前に、片付ける必要があるおもちゃを仕分けるようにしましょう。どのおもちゃが同じセットで、どのおもちゃが違うセットなのかを一緒に確認します。覚える内容が多く1回で覚えるのは難しいため、しっかりと仕分けができるよう何度も練習しましょう。

お部屋が片付かない原因として、収納に対して持っているおもちゃが多い場合があります。おもちゃの量が多ければ多いほど片付ける手間がかかりますので、必要なおもちゃを仕分ける必要があります。

2.箱の種類を絞る

おもちゃの仕分けができれば、収納するための箱の種類を絞ります。子供が気に入らない箱を用意してしまうと、せっかくおもちゃ箱を用意しても子供が片付けを行わない恐れがあります。

同じ色や種類の箱を多く用意してしまうと、片付ける場所を子供が覚えるのに時間がかかってしまいます。メインの箱を三つほど用意し、子供が片付けられるようになったタイミングで少しずつ箱を増やすようにしましょう。

3.片付けるべき場所を教える

子供にとって片付けやすい箱が選べれば、片付けるべき場所を子供に教えます。仕分けたおもちゃを箱の中にしまうという動作を覚えてもらう必要があります。

はじめにお手本を見せたあと、続けて一緒に取り組むと動作を覚えやすくなるでしょう。片付ける場所を理解できればお片付けが習慣になるように練習していきましょう。

子供が進んで片付けを行うためにゲーム要素を取り入れるのも一つでしょう。子供が自分自身で収納ができるよう、側で見守ってあげてください。

キッズ収納を使って子供部屋を綺麗にするコツ3選

キッズ収納は子供の立場になって考えないとお部屋が散らかったままになる恐れがあります。

キッズ収納を使い子供部屋を綺麗にするためには、以下の三つを意識するようにしましょう。

これからキッズ収納を購入される方は特に抑えたい内容ですので、子供部屋などの状況を見ながら実践してみてください。

  1. 使用頻度が高いものは取り出しやすい場所に収納
  2. 子供の目線に合わせた収納を考える
  3. 種類別や色別で収納を考える
キッズ収納を使って子供部屋を綺麗にするコツ3選

使用頻度が高いものは取り出しやすい場所に収納

使用頻度が高いものは取り出しやすい場所に収納すると良いです。毎回使うものが手の届かない場所や腰をかがめないと取れない場所にあると、毎回取り出すのに手間がかかってしまいます。

子供が自発的に片付けを行うためには、使用頻度の高いものを取り出しやすい場所に収納するようにしましょう。

子供の目線に合わせた収納を考える

子供の目線に合わせた収納を考えるようにしましょう。大人の目線と子供の目線は大きく異なります。大人の目線でちょうど良いと思っても、子供からすれば高い位置にあり、取り出しにくいと感じることも少なくありません。

子供の目線に合わせ、おもちゃなどよく取り出す必要があるものを少し低い位置から収納するようにしましょう。

種類別や色別で収納を考える

子供部屋の収納では、収納する種類や色で分けて収納を行うのも一つです。子供のうちは整理整頓に慣れていないため、わかりやすく種類別で収納を分けると良いでしょう。

また、色別で収納を分けるとより分かりやすくなるため、整理がしやすくなります。子供が自分で片付けるときにも色で片付ける場所を判別できるため、自分で片付けられるようになる可能性が高まります。

キッズ収納の選び方まとめ

今回はキッズ収納の選び方や収納ボックスや収納棚を使った子供部屋を綺麗にするコツを紹介しました。

主にデザインや素材、収納力の面から収納ラックなどを選ぶと失敗をする確率が少なくなります。

子供部屋では収納ラックや収納ボックスを使い、子供が自発的に片付けをする習慣を作る必要があります。本記事で紹介をした収納までの3ステップを実践し、お部屋を綺麗に保ちましょう。

※ここに掲載されている情報は2022年9月2日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめの関連コンテンツはこちら