部屋干しグッズのおすすめな選び方とは?便利な使い方などを紹介 部屋干しグッズのおすすめな選び方とは?便利な使い方などを紹介

部屋干しグッズのおすすめな選び方とは?
便利な使い方などを紹介

天候に左右されずに洗濯ができるだけではなく、防犯対策や花粉の付着を防ぐ効果から部屋干しをされる方が多いです。しかし、部屋干しによるイヤな生乾き臭の発生などマイナスなイメージを持たれる方も多いです。

昨今では衛生対策や季節的な花粉の影響から、部屋干しを希望されるお客様も多く、リフォームや住宅購入の際に部屋干しグッズなどを考慮した提案ができれば、より購入の一歩を踏み出すことを支援できるでしょう。

本記事では、部屋干しグッズを活用した効果的に洗濯物を干す方法からお部屋に合う部屋干しグッズの選び方までを紹介します。

より快適な部屋干しを実施できるよう、ご自身のお部屋に合う部屋干しグッズの選び方や効率的に洗濯物を乾かす方法などをしっかりと理解していきましょう。

目次

部屋干しのよくある3つの悩み

部屋干しには、外干しでは生まれない特有の悩みがあります。部屋干しをされる多くの方が直面する悩みでもありますが、多くは部屋干しグッズで解決できるケースが多いです。

部屋干し特有の悩みの中で代表的なものは以下の三つになります。これから部屋干しを検討されている方や既に部屋干しで悩まされている方は、部屋干しグッズを効果的に活用するための方法に繋がりますのでぜひ参考にしてみてください。

  1. 干すスペースの確保が必要
  2. 生乾き臭が発生する
  3. 洗濯物が乾きにくい
部屋干しのよくある3つの悩み

1.干すスペースの確保が必要

部屋干しはお部屋の一部スペースを利用して洗濯物を干すため、スペースが必要になります。日常的に部屋干しを行う方であれば、洗濯物の種類によってはスペースが足りなくなってしまいます。

部屋干しグッズの中にも置くだけで部屋干しができるものがいくつかあるため、部屋干しグッズを設置するスペースを確保するようにしましょう。

また、夜に洗濯をして昼間に干しておくなど、空いている時間を部屋干しに当てられるよう時間を考えるのも一つです。

2.生乾き臭が発生する

洗濯物が生乾きになるとイヤな生乾き臭が発生しやすく、特にタオルや衣類などは一度生乾き臭が付いてしまうと繰り返し洗濯をしてもニオイが落ちにくいです。

洗濯物は乾かす時間が長くなればなるほどイヤなニオイがつきやすいため、干してから乾かすまでの時間を短くする必要があります。

部屋干しグッズを活用し洗濯物の間隔をあけて、なるべく早く乾くように干し方を工夫しましょう。

また、イヤなニオイがどうしても取れない場合には熱が効果的です。高温でアイロンをかけてあげると雑菌の繁殖が防げるため、部屋干し臭を抑えられます。

3.洗濯物が乾きにくい

部屋干しをしても洗濯物がなかなか乾かず、乾いていない洗濯物が溜まってしまう経験をされた方も多いのではないでしょうか。

洗濯物の乾きやすさはお部屋の「湿度」と「気温」に左右されやすいです。洗濯物が乾くためには、洗濯物に含まれる水蒸気が蒸発する必要があります。

湿度が高いお部屋や気温が低いお部屋の場合、洗濯物に含まれる水蒸気が蒸発しにくいです。特に冬のリビングなどはお部屋の湿度が高い上に気温が低くなりやすいため注意が必要です。

洗濯物を早く乾かすためにも空気の循環を促し、洗濯物に含まれる水分を蒸発させなければいけません。

部屋干しグッズの中にも空気の循環を促すようなグッズがありますので、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

部屋干しグッズを使うメリット3選

部屋干しには「スペースの確保が必要」「生乾き臭が発生しやすい」「洗濯物が乾きにくい」といったマイナスなイメージもありますが、部屋干しグッズを活用すると以下のメリットが得られます。部屋干しグッズを使うメリットを十分に理解し、快適な部屋干しを実践しましょう。

  1. 天候に左右されず洗濯物が干せる
  2. 洗濯物の色褪せを防ぐ
  3. お部屋の加湿ができる
部屋干しグッズを使うメリット3選

1.天候に左右されず洗濯物が干せる

急な雨で外に干していた洗濯物が濡れてしまう経験をされた方も多いのではないでしょうか。外干しは天候やその時の湿度の状態に左右されてしまうため、ご自身のペースに合わせて洗濯ができません。

部屋干しグッズを活用するとお部屋の中に洗濯物を干すスペースができるため、天候に左右されずに洗濯物が干せます。雨の日が多く洗濯物が溜まってしまうなどの心配もないため、ご自身のペースに合わせやすいです。

2.洗濯物の色褪せを防ぐ

洗濯物は日光の影響で色褪せてしまいます。殺菌効果が期待できるからと直射日光の下で洗濯物を干される方も多いのですが、日光に含まれる紫外線が洗濯物の繊維と化学反応を引き起こし色褪せの原因に繋がります。

部屋干しグッズを活用すると日光が直接当たらない室内で洗濯物を干すことができ、色褪せを防ぐことができます。

3.お部屋の加湿ができる

洗濯物には水分が含まれているため部屋干しグッズを使った部屋干しを行うとお部屋の加湿に繋がります。冬場は特にお部屋が乾燥しやすいため、部屋干しグッズとサーキュレーターを組み合わせ加湿された空気を循環させる方法がおすすめです。

しかし、お部屋の湿度が高すぎると洗濯物が乾きづらく生乾きに繋がってしまうため、窓やドアを開けるなど空気の逃げ道を作るよう注意しましょう。

部屋干しグッズのおすすめな2つの選び方

部屋干しを快適にしてくれる部屋干しグッズですが、種類が豊富でお部屋に適した部屋干しグッズを選ばないと効率的に部屋干しができません。

効率的な部屋干しをするためにも抑えておきたいおすすめな選び方を二つ紹介します。
ご自身のお部屋に合う部屋干しグッズを見つけられるようぜひ参考にしてみてください。

部屋干しグッズのおすすめな2つの選び方

1.お部屋の間取りで選ぶ

ワンルーム

突っ張る場所や物を引っ掛けられる場所が少ないワンルームには物干しスタンドがおすすめです。物干しスタンドは突っ張り棒や物干しワイヤーと比べ床に置くだけで洗濯物が干せるため、狭いスペースでも使用できる特徴があります。

また、物干しスタンドの中にも使わない時にコンパクトに収納ができる折りたたみタイプや、靴下やタオルなどがたくさん干せるパラソルタイプがあります。

洗濯物を干すスペースがあまり取れない方には折りたたみ式の物干しスタンドがおすすめですので、一度ご自身のお部屋のどこに配置するかなど考えてみましょう。

リビング

リビングでは、ドア上の出っ張り部分に引っ掛けて洗濯物が干せる部屋干しフックがおすすめです。

ドアスペースは空気の通りも良いため洗濯物が乾きやすく生乾き臭も発生しにくいです。

また、リビングが広く部屋干しフックを引っ掛けるスペースが狭いお部屋は物干しロープがおすすめです。壁にフックを取り付けることによって広範囲で洗濯物を干すスペースとして活用できます。洗濯以外で使わない時はロープを巻くだけで片付けができるため、生活の邪魔にもなりません。

しかし、賃貸住宅などは壁面への取り付けが行いにくい物件が多いため注意が必要です。

浴室

浴室では、吸盤で取り付けが可能な物干し竿がおすすめです。物干し竿を引っ掛けるフックが既に取り付けられている場合が多いのですが、フックなどがない場合は吸盤タイプを選びましょう。

吸盤タイプであればどこにでも取り付けが可能であり、かつ壁に穴を開ける必要がないため賃貸住宅でも使用できます。浴室は換気扇や窓など湿気を取り除きやすいため、物干し竿を換気扇の近くに設置するとより効率的に部屋干しが行えます。

しかし、吸盤タイプの物干し竿にはそれぞれ洗濯物の耐荷重が設定されており、耐荷重を超える量の洗濯物を干すと落下する危険性があります。物干し竿を選ぶ際は、普段どのくらいの量の洗濯物を干すのかをしっかりと確認するようにしましょう。

脱衣所

脱衣所には突っ張り棒がおすすめです。突っ張り棒は物干し竿と違いフックがなくても壁と壁の間に固定ができ、壁に穴を開ける必要がありません。突っ張り棒は棒の長さが長くなるほど中心にかけて重さに耐える力が弱くなります。くれぐれも突っ張る範囲を広く取らないよう気をつけましょう。

2.部屋干しグッズの機能で選ぶ

菌の繁殖を防ぐ

洗濯物が乾きにくいと雑菌が繁殖しイヤな部屋干し臭を引き起こします。菌の繁殖を防ぐために、洗濯物が早く乾くような部屋干しグッズを選びましょう。

また、ワンルームやリビングで洗濯物を乾かす方はサーキュレーターや扇風機と併用して洗濯物を乾かすようにしましょう。どうしても室内だと空気の循環が起こりにくく、洗濯物の水分が蒸発しにくいです。

サーキュレーターや扇風機から風を送り、空気循環を促すとより早く洗濯物が乾くようになります。

洗濯物に合わせる

洗濯物に合わせたハンガーを選ぶようにしましょう。
細い針金のハンガーではなくプラスチック製の太めのハンガーがおすすめです。細いハンガーは衣類の前と後ろの布がくっつきやすくなってしまうため乾きにくいです。

例えば、パーカーやセーターなどの厚手の服装は、Tシャツなどを干すときに使うハンガーでは乾きにくいです。アーム部分の長さが調整できるようなハンガーを選び、洗濯物に合わせてアームの調整を行うようにしましょう。

部屋干しグッズを使う際のポイント3選

部屋干しグッズを活用することでメリットも多いですが、使い方によっては効果がうまく発揮できない恐れがあります。部屋干しグッズを使う際には、以下の三つのポイントに気を付けてください。イヤな部屋干し臭を発生させないために重要なポイントになりますので、しっかりと抑えていきましょう。

部屋干しグッズを使う際のポイント3選

1.空気の流れをよくする

部屋干しを行う際には空気の流れをよくするような工夫をしましょう。空気の流れがよくないと洗濯物が乾く時間が長くなり、イヤな部屋干し臭は発生してしまいます。

例えば、空気が通りやすいドアの真下で部屋干しを行う方法や、物干しスタンドを使う際はドアを開けて空気の逃げ道を作ってあげたり、サーキュレーターや扇風機を活用して空気の循環を行う方法などがあります。

2.湿度に気を付ける

部屋干しを行うお部屋の湿度に気を付けましょう。洗濯物には水分が含まれているためどうしてもお部屋全体の湿度が上がってしまいます。

特にお風呂場や脱衣所は湿度が高くなりやすいので注意が必要です。お風呂場や脱衣所で洗濯物を干す場合で乾燥機能がついていないのであれば、浴室用除湿剤や室内用乾燥機を使いなるべく湿度を下げるような工夫をしましょう。

ワンルームやリビングで洗濯物を干す場合は、衣類乾燥機やエアコンの除湿(ドライ)モードを活用しお部屋全体の湿度を下げるよう意識しましょう。

3.乾きやすい場所を選ぶ

部屋干しを行う際には、お部屋の中で乾きやすい場所を選ぶようにしましょう。

例えば、ワンルームやリビングであれば窓際や壁付近よりもお部屋の中央の方が風通しは良いです。

また、窓際は日光も程よく当たるためおすすめの場所として思われていますが、かえって生乾き臭が発生しやすい場所とも言われています。

窓際はお部屋の中でも湿度の高い場所であり、冬場であれば結露が発生してしまいます。カーテンに湿った洗濯物が触れるとカビが生える原因にもなりますので注意しましょう。

部屋干しグッズを活用した便利上手なアイデア事例4選干し方

部屋干しグッズの効果をより発揮させるためにおすすめの干し方を四つ紹介します。どれもすぐに実践できる内容になりますので、既に部屋干しをされている方やこれから部屋干しをされる方はぜひ参考にしてみてください。

部屋干しグッズを活用した便利上手なアイデア事例4選干し方

1.アーチ干し

アーチ干しとは、物干し竿でよく使われる方法です。バスタオルなどの縦に長い洗濯物を外側に干し、靴下やハンカチのような縦に短い洗濯物を内側に干します。外から見た際に、両サイドから内側にかけてアーチ状になっていれば大丈夫です。アーチ干しは、空気の流れが作られやすいためバラバラに干す方法と比べ洗濯物が乾きやすいです。

2.囲み干し

囲み干しは主にピンチハンガーで使われる方法です。バスタオルを横長の状態に持ち、上の辺だけをピンチハンガーの外側だけで止めていきます。

外から見た際に、外側だけを囲んだ状態になっていれば大丈夫です。囲み干しは、扇風機やサーキュレーターからの風が囲んだ内側に入り込み一定の方向に逃げやすいため、他の干し方と比べ早く洗濯物が乾きます。

3.ジャバラ干し

ジャバラ干しは、ピンチハンガーとタオルで行う干し方になります。タオルを横長の状態に持ち、ピンチハンガーの端から順に止めていきます。タオルがジャバラのような状態になるよう山折りと谷折りが出来上がるように干していきます。

注意点としては、タオルがくっついてしまうと生乾きの原因にもなりますので、少し離して干していきましょう。ジャバラ干しは、タオルが重なるのを防ぎ、全体にまんべんなく風が当たるため厚手の生地であっても乾きやすいです。

4.筒干し

筒干しは、ピンチハンガーとデニムパンツなどの厚手のパンツで行う干し方になります。厚手のパンツの四隅をピンチハンガーで止め、筒のようにパンツの中に空気が通るように干します。通常の干し方と比べ生地が接着しないため乾きやすいです。

部屋干しグッズを使った悩み別対策を3パターン紹介

部屋干しグッズの選び方や使う際のポイントなどを解説してきました。ここでは、部屋干しで起こりやすい生乾きや部屋干し臭対策に、部屋干しグッズをどう活用すれば良いのか紹介します。

部屋干しグッズを使った悩み別対策を3パターン紹介

部屋干し臭対策

部屋干し臭がなかなか落ちないと悩まれている方は多いのではないでしょうか。部屋干しグッズを活用した干し方に気を付けていても「洗濯槽」と「洗剤」の影響でイヤなニオイが発生してしまいます。雑菌の繁殖を防ぎイヤなニオイを発生させないためにもこれから紹介する方法を参考にしてみてください。

洗濯槽クリーナー

洗濯槽にカビが繁殖していると洗濯物にカビが付着し、雑菌の繁殖に繋がりイヤなニオイの原因になります。

洗濯物を綺麗にするのと同様に洗濯槽にも目を向けるようにしましょう。洗濯槽クリーナーは洗濯槽のカビに効果的です。半年に1回程度洗濯槽の手入れを行うのであれば酸素系洗濯槽クリーナーがおすすめです。

2ヶ月に1回程度でこまめに洗濯槽の手入れを行うのであれば塩素系洗濯槽クリーナーがおすすめです。塩素系洗濯槽クリーナーは殺菌力に優れていますので、酸素系洗濯槽クリーナーで汚れを落とし、塩素系洗濯槽クリーナーで仕上げを行うと掃除効果が高まります。

抗菌対策ができる洗剤

部屋干しには、抗菌対策ができる洗剤がおすすめです。部屋干しは外干しと違い日光による殺菌効果が得られないため、なるべく菌の繁殖を防いでくれる洗剤を選ぶ必要があります。

抗菌対策ができる洗剤は、カビや雑菌の増殖を抑制する効果が期待されるため部屋干し臭の発生も抑えてくれます。また、洗剤の種類によっては洗濯槽のカビ予防に繋がるものもありますので、干した後の洗濯物や洗濯槽のニオイを踏まえて検討してみてください。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は、部屋干し臭がする洗濯物に効果的です。酸素系漂白剤はお湯で洗うと洗浄効果が高いと言われます。

注水の温度調節ができる洗濯機であれば40度〜50度に温度を調整し、洗濯機に注水機能がなければお風呂の残り湯に酸素系漂白剤を入れ、付け置き洗いをしておくと汚れやイヤな部屋干し臭を防ぐことができます。

生乾き対策

生乾きになってしまう原因の多くは、洗濯物に正しく空気が送られていないからです。生乾きを防ぐためにも洗濯物を早く乾かす必要がありますので、どのような部屋干しグッズをどのように使っていくのかを紹介します。用途に合わせた部屋干しグッズを使いこなせるようしっかりと抑えていきましょう。

ピンチハンガー

ピンチハンガーとは、フレームに付いている複数のピンチで洗濯物を挟みます。ハンガー本体の素材や挟み込むピンチの大きさなど種類が豊富ですので、用途や使う場所でピンチハンガーを選ぶようにしましょう。

毎日洗濯される方や浴室で部屋干しを検討される方であれば、経年劣化に強いステンレス製のピンチハンガーがおすすめです。まだ部屋干しを行う場所が決まっていない方は、プラスチック製のピンチハンガーであればお手頃な価格で購入できるためおすすめです。

ピンチハンガーで洗濯物を干す際は、空気の通り道を作るため、なるべく洗濯物どうしの間隔をあけ、大きいものと小さいものを交互に干すようにしましょう。

また、靴下や下着であればゴム上部分、ブラジャーであればベルトの位置にピンチを挟むと乾いた後に伸び切ることもありませんのでおすすめです。

衣類にあったハンガーを選ぶ

干した際に洗濯物の重なりができてしまうジーンズやパーカーなどは専用のハンガーを使って干すようにしましょう。特にパーカーなどフードが付いている衣類は通常のハンガーでは乾きづらいです。パーカー対応ハンガーであれば、首元に専用のフックが付いているため、フード部分をしっかりと固定した状態で干せます。

またジーンズの場合、干し方で紹介をした筒干しが効果的ではあるのですが、ズボンの四隅が固定できる専用のハンガーもありますので、ご自身に合った方法を検討してみてください。

洗濯物を早く乾かす

部屋干しでは、洗濯物が乾く時間が長くなればなるほど雑菌が繁殖します。

また、洗濯物がなかなか乾かないと新たに洗濯を行う度に部屋干しスペースが圧迫されます。部屋干しグッズを使用し洗濯物を早く乾かすための対策を抑えましょう。

エアコンハンガー

エアコンハンガーとは、エアコン下のデッドスペースに設置を行う部屋干しグッズです。取り付けも簡単でエアコンから送られる風で洗濯物が早く乾きます。エアコンを設置している壁面の素材が柔らかいとハンガーが落ちる危険性がありますので注意しましょう。

また、エアコンハンガーにかける洗濯物の重量によってはエアコンからエアコンハンガーがずり落ちてしまう恐れがありますので、部屋干しを行う前に必ず耐荷量を確認しましょう。

サーキュレーター

サーキュレーターとは、エアコンの送風機能に特化した部屋干しグッズです。アーチ干しや囲み干しをした洗濯物に対して風を送るようにしましょう。

サーキュレーターは、種類により風の到達距離が異なるため、使用するお部屋の広さに合わせたサーキュレーターを選ぶようにしましょう。

また、リビングやワンルームで部屋干しを行う際は窓を開けて風の逃げ道を作りましょう。サーキュレーターから送られる風で洗濯物に含まれる水分が飛ぶため、風の逃げ道を作り水分の含んだ空気を外に送り出す必要があります。

部屋干しグッズのおすすめ選び方まとめ

部屋干しグッズは天候に左右されず洗濯物が干せるだけではなく、お部屋の加湿や洗濯物に付着しやすいイヤなニオイの防止ができます。

お部屋の間取りや洗濯物の量により適切な部屋干しグッズは異なるため、部屋干しをする前に何をどれぐらい干すかをしっかりと想定しましょう。

部屋干しグッズを活用した対策を参考に、ご自身のお部屋に合う部屋干しグッズを選んでいきましょう。

※金額は全て目安になります。実際の現場状況や時期によって価格は変動します。詳しくはお近くの施工店様にご相談ください。

※ここに掲載されている情報は2022年8月30日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめの関連コンテンツはこちら