床下収納の活用アイデア 利用時の注意点や後付けにおすすめの建材 床下収納の活用アイデア 利用時の注意点や後付けにおすすめの建材

床下収納の活用アイデア
利用時の注意点や後付けにおすすめの建材

床下収納は、一か所あるだけでキッチン周りがすっきり片付く便利な収納庫です。新築の家に取り付けるかどうか迷っている場合は、活用方法やメリットを理解することで判断できます。床下収納の種類や用途などと共に、後付けも可能なDAIKENの便利な床下収納について紹介します。

目次

床下収納とは?

床下収納は、床下にあるデッドペースを有効活用した収納スペースです。1階の床の高さは、45cm以上設けることが建築基準法で決まっています。このため、床下には必然的に使われない空間ができるのです。

これを有効活用したものが床下収納で、保存食や生活用品など様々な物を保管できます。細かい部分で違いがありますが、床板の一部が蓋になっており、その下にボックスタイプの収納庫が格納されているものが一般的です。

キッチンの床下収納

床下収納は、保存食や生活用品を収納しておくために、キッチンに設けられることが多いです。日本には明治時代から、「揚げ板」という収納方法に起源があります。台所の床板を蓋のように揚げる「揚げ板」は、床下に梅干しや味噌といった保存の効く食材を保管できる収納方法です。

床下は冷暗所になるため、日本ならではの保存食の保管にも適していたのです。これが現代の住宅にも受け継がれ、床下収納として定着しました。

床下収納の種類

床下収納には色々な形式のものがありますが、ここでは3種類を紹介します。床下収納を導入する時の参考にしてください。

取っ手などで蓋が取り外せるタイプ

取っ手がついている蓋を丸ごと取り外せるタイプです。蓋を外せるので、間口を広く取ることができ、物の出し入れがスムーズに行えます。余計な部品や施工がないため、設置時のコストを安く抑えることが可能です。

蓋が扉になっているタイプ

蓋の片側が床と金具で接続されており、扉のように開閉できるタイプです。蓋が取り外せるタイプよりも、開け閉めの負担が少なくなります。取り外せない蓋が、ものの出し入れの邪魔になることがあります。

収納部分をスライドさせられるタイプ

出し入れする蓋は一つですが、床下の収納ボックスをスライドできるタイプです。収納ボックスを複数使うことができるため、1か所でも通常の2~3倍の収納容量を確保できます。収納ボックスをスライドさせるので、保管するものの重さに留意する必要があります。

床下収納の用途とは?収納すべき4つのもの

床下収納は気軽に出し入れする収納というよりは、たまに使うものを保管する場所に適しています。収納に適しているものを4種類紹介します。

賞味期限が長い食料品

未開封の缶詰や調味料など、賞味期限の長い食料品は床下収納の保管に適しています。冷暗所なので生の食材も保管できそうですが、湿度が高くなる傾向にあるので生ものの保管は控えた方が良いです。

頻繁に開け閉めする場所ではないので、賞味期限が短いと切れてしまう可能性が高まります。このため、賞味期限が長いものを保管することをおすすめします。湿度の影響を受けないように、未開封の食料品を保管しましょう。

使用頻度が低いキッチン用品

使用頻度が低いキッチン用品も、床下収納に保管するのに適しています。年に数回しか使わない土鍋やホットプレート、カセットコンロ、季節に合わせて使う食器などは、床下収納で保管できます。

床下収納を活用することで、キッチンやカップボードの収納部分の消費を抑えることが可能です。

生活用品のストック

生活用品のストックは、床下収納の湿度の影響を受けにくいため保管に適しています。キッチンペーパーや食器用洗剤など、通常の収納場所ではかさばるようなものも床下収納に保管が可能です。

キッチン関係以外にも、洗濯用洗剤やトイレットペーパーのストックなどを保管しても便利です。

防災グッズ

防災グッズの保管場所としても、床下収納が活躍します。水の入ったペットボトルや非常食だけでなく、簡易トイレやその他の防災グッズもまとめて収納するスペースとして活用できます。

防災リュックなどがあれば、サイズにもよりますがそのまま収納することも可能です。
非常時に使うものなので、床下収納を頻繁に開け閉めすることもなくなります。
ただし地震の時は壊れてしまう可能性があるので、耐震性や耐震補強に留意する必要があります。

地震の場合、食器棚が倒れて、ふたが開かないことも考えられますので、設置位置の配慮が必要です。

床下収納を利用する際の注意点

床下収納を導入し上手に使いこなすために、押さえておきたい2つの注意点があります。

上から見ることを意識して収納する

床下収納は基本的に蓋を開けてものを出し入れする箱形です。
どんどん上に積み重ねて収納を繰り返してしまうと、いざという時に必要なものを取り出しにくくなってしまう構造なのです。

このため、保管したものを取り出しやすくするために、上から見ることを意識する必要があります。
下から上に積み上げていくような形ではなく、縦列に並べていくことで取り出しやすくできます。
また、上側に取っ手のついた収納ケースを利用することで、スペースを上手に使うことが可能です。

湿度対策を忘れない

床下収納は、湿度が高めになる傾向にあります。
この性質がわかっていれば、あらかじめ湿度対策をして、カビや食品の腐敗を防ぐことが可能です。
例えば、床下収納に除湿剤を一緒に保管しておくだけでも、湿度を十分に下げることができます。

また、新聞紙なども同じような効果が期待できます。
湿度対策を十分に行った後は、半年に1回程度保管しているものを全て出して掃除を行い、清潔な状態を維持しましょう。

キッチンの床下収納がおすすめの3つの理由!

キッチンに床下収納を設置することで、様々なメリットが生まれます。特に、床下収納の設置や増設で迷われている方は、参考にしてください。

収納スペースを増やせる

床下収納を設置することで、生活空間を消費せずに収納スペースを増やすことができます。通常、収納場所を増やそうとすると隙間にワゴンを置いたり棚を置いたりと、生活空間を消費してしまうことになります。

しかし、床下収納は元々空いている空間を有効活用できるので、キッチンを狭めずに収納スペースを確保できるのです。

目立たない場所に収納できる

床下に保管してしまえば、保管した物は人目につきません。床下収納は、通常の収納場所だとかさばるものや目立つものを保管しておくのに最適なのです。

ものを隠しておける分、キッチンをすっきりと見せられるメリットもあります。

点検口になる

床下は、住居トラブルの温床になりやすい場所です。このため点検するための出入口を設けますが、床下収納の蓋を開けて、ボックスを取り外せば点検口として活用できます。
基礎が割れていないか、アリは巣食っていないかなど、床下収納から入って確認できるのです。

このように1つで2つの役割を担うことができる点は、大きなメリットです。
せっかく点検口を作るなら、収納として活用した方が良いということで床下収納を導入する方もいます。

おすすめの便利な床下収納3選

新築の家に設置するなら、DAIKENのバリエーション豊富な床下収納がおすすめです。
様々な住宅に合わせて、サイズやタイプをお選びいただけます。

高気密・高断熱61型[深型(1階用)]

高気密・高断熱61型[深型(1階用)]

蓋が取り外せるタイプのスタンダードな床下収納です。
蓋に断熱材が取り付けられているため、床から上がってくる冷気を遮断し、室内の気密性・断熱性を高めることができます。
省エネ基準をクリアしていることもあり、省エネ効果を期待できる製品です。
深型タイプなので調味料なども保管でき、収納としても申し分ありません。

スライド式52型

スライド式52型

一つの開閉口から、2~3倍収納できるボックスを格納したスライドタイプの床下収納です。
通常格納できる収納ボックスを最大3つまで連結可能で、床下収納の容量を一気に増やすことが可能です。
ボックスサイズは160リットルと240リットルの2種類となっており、生活空間を消費せずに収納量を大幅に増やしたいという方におすすめの製品です。

44型[深型(1階用)][浅型(1・2階兼用)]

44型[深型(1階用)][浅型(1・2階兼用)]

蓋が取り外しできるスタンダードなタイプの床下収納です。深型と浅型の2種類あり、深型は一升瓶を格納できるほどの高さを確保しています。浅型タイプは2階にも設置できるので、2階にキッチンを設置したい方や二世帯住宅におすすめです。サイズもバリエーションが豊富で、2×2尺・2×3尺・2×4尺の3種類から選ぶことができます。

床下収納を設置してスペースを増やすならDAIKEN

キッチンに床下収納を設置することで、生活空間を消費することなく収納場所を増やすことができます。キッチンやカップボードなどの収納を十分に設置しているつもりでも、生活する中で収納はどんどん消費され足りなくなることがあります。そんな時、床下収納があれば余計な収納を増やさずにものを保管できるのです。

DAIKENの床下収納は、スタンダードなものから大容量タイプまで幅広く用意していますので、きっとご希望に合ったものが見つかるはずです。気になる製品がありましたら、ぜひお問い合わせください。

※ここに掲載されている情報は2022年7月11日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。