ホーム > 会社案内 > ニュースリリース

2017-04-07 【美を極めた床材「Trinity(トリニティ)」に新柄追加】

〜立体感ある仕上がりで希少樹種の質感を再現〜
美を極めた床材「Trinity(トリニティ)」に新柄追加
大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、意匠性と機能性に優れた床材として市場より高い評価をいただいている「Trinity(トリニティ)」に、チーク柄とマホガニー柄の2柄を6月21日に追加発売いたします。四周木口面にまで特殊化粧シートを巻き込むことで生まれる無垢材のような仕上がりで、希少銘木の2柄を再現いたします。

【背景】
近年、お好みの空間を作るためのポイントとして、高級感のある銘木柄や広幅フロアなど、意匠性が重視されつつあります。しかし、美しさや質感に優れるとされる無垢や厚単板を用いた床材は、傷つきやすさや紫外線による変色のために、お手入れが難しいとされていました。
そこで、意匠と機能の2つのニーズに対応するために2015年に発売した「トリニティ」は、人気の銘木柄を採用したシート化粧タイプの床材です。無垢材のような意匠の美しさ、天然木では安定した供給が困難な広幅タイプのデザイン性、そして、日焼けに強く、美しさを長く保つことができる優れた機能性で。お客様から高い評価をいただいております。
この立体感のある仕上がりと、シートならではの安定した品質・機能性を兼ね備えた「トリニティ」のバリエーションに、希少樹種として人気のチーク柄とマホガニー柄を追加発売いたします。銘木の赤みのある濃色を再現した2柄の追加により、更なるラインアップの充実を図ります。

トリニティ<マホガニー柄> 施工例

【追加新柄】
今回のチーク柄とマホガニー柄の追加によって、淡色から濃色まで幅広く全9柄からお選びいただけます。


[現行のラインアップ]


【主な製品仕様】
製品名:トリニティ
製品寸法:12o厚さ、178×1818o 
基材:特殊MDF+エコ合板
表面:特殊強化フィルム・四周巻き込み仕上げ
価格:37,000円/梱、10枚入り(3.2u)(税抜)
発売日:2017年6月21日


《参考》トリニティとは
当社が開発した業界初の新技術を採用。特殊化粧シートを四周木口面に巻き込み、床材の継ぎ目となる細部までを美しく仕上げることにより、厚単板化粧床材のような立体感のある美しい仕上がりを実現しました。さらに、天然木では入手困難な178mmの広幅デザインによる高い意匠性と、美しい表面化粧を保つための耐傷性・耐候性を併せ持つ、「意匠」「品質」「技術」が三位一体となった、これまでにない新しいコンセプトの床材です。


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。


ページのトップに戻る