ホーム > 会社案内 > ニュースリリース

2014-03-07 【“hapia(ハピア)”シリーズ拡充 DAIKENの新定番シリーズに】

“hapia(ハピア)”シリーズを拡充・リニューアル
ドア・床・収納・階段をトータルコーディネートできるDAIKENの新定番シリーズに
〜豊富な色柄・デザインで多様な消費者ニーズに対応〜

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、昨年5月に発売した上質かつスタイリッシュな空間を演出する室内ドア・収納の“hapia(ハピア)”シリーズに、床材や階段などのラインナップを加え大幅に拡充。豊富なデザインと洗練された色柄で、多様化する消費者のニーズにトータルコーディネートでお応えできるDAIKENの新定番シリーズとして、6月23日より発売いたします。

【発売意図】
消費者のライフスタイルや嗜好は近年多様化しており、住まいの建材についても、デザインや素材、機能などにこだわりを持つお施主様が増えています。同時に、インテリアのイメージや求める機能にマッチする内装建材を自ら選ばれる傾向が強まっています。当社では、そうしたお施主様のニーズに対応するため、インテリアのトレンドに対応した柄・デザインで上質な空間を演出する、室内ドア・収納の新しいシリーズとして昨年より“hapia(ハピア)”シリーズをご提案しています。
一方、当社ショールームに来場されるお施主様の声などから、消費者はドアと床材のコーディネートを重視されていることや、ドアと床材のコーディネートパターンについて悩まれていることなどが分かっています。
そこで、このたび“hapia(ハピア)”シリーズに、本シリーズのドア・収納とコーディネートしやすいシート化粧床材や階段等のラインナップを追加。またドア・収納のラインナップを大幅に拡充し、内装建材をトータルで検討いただけるDAIKENの新たな主力シリーズへと強化します。
なお、今回の発売に伴い従来の主力ドア・収納製品である“RVシリーズ”を廃止し、今後は、幅広いニーズに対応した新“hapia(ハピア)”シリーズ、および国産の天然木を用い上質な和モダン空間をご提案する”日本の樹“シリーズ(既発売)の2シリーズで、住まいにこだわりを持つお施主様へご提案してまいります。

ハピアプレミア施工イメージ(銘木ウッド調)

【新“hapia(ハピア)”シリーズの特長】
現在のトレンドを繁栄した豊富なデザインと洗練された色柄で、ドア・床・収納・階段までトータルでコーディネートしていただける内装建材のシリーズです。
シリーズ名である“hapia(ハピア)”は、住まう人に笑顔があふれるくらしをご提供する商品、という意味を込めた、“happy(幸せ)”、“interior(インテリア)”、“amenity(快適)”の組み合わせによる造語です。
<ポイント1>ドア・収納・床材・階段を同一シリーズ化。お施主様にお選びいただきやすく
<ポイント2>豊富なラインナップで多様なニーズに対応。選びやすさに配慮し2グレードで展開
<ポイント3>新しいニーズに対応した新ドアデザイン
<ポイント4>使いやすさに配慮したハンドル・引手を採用、便利な開閉機構にも対応
      ※特長の詳細はリリースの後半をご覧下さい


【目標販売金額】 400億円/年(2015年度)     ※ドア・収納・床材・階段・造作材等シリーズ製品の合計

【価格の目安(税別)】
(1)hapia premier(ハピアプレミア)
室内ドア:58,200円/SET(片開きドア・0Pデザイン780幅×2000高 スリム枠148)〜
床材:28,000円/梱(6枚・3.3u)〜 ※8,490円/u〜
(2)hapia basis(ハピアベイシス)
室内ドア:43,600円/SET(片開きドア・00デザイン780幅×2000高 固定枠154)〜
床材:26,000円/梱(6枚・3.3u)〜 ※7,880円/u〜


【新“hapia(ハピア)”シリーズの特長(詳細)】

<ポイント1>ドア・収納・床材・階段を同一シリーズ化。お施主様にお選びいただきやすく
消費者はドアと床材のコーディネートを重視されていることや、ドアと床材のコーディネートパターンについて悩まれていることなどが分かっています。そこで、お施主様にお選びいただきやすいよう、相互にコーディネートに適したドア・収納・床材・階段を、同一シリーズ化。消費者の方のコーディネートへのお悩みを解消します。

<ポイント2>豊富なラインナップで多様なニーズに対応。選びやすさに配慮し2グレードで展開
豊富な色柄とデザインのラインナップで、多様なお施主様のお好みのイメージに対応します。お施主様に検討いただきやすいよう、価格帯に応じ、hapia premier(ハピアプレミア)とhapia basis(ハピアベイシス)の2グレード構成としています。
hapia premier(ハピアプレミア)には、室内ドア12色柄9デザイン、床材19色柄、階段9色柄、収納12色柄をラインナップ。本物の木のような素材感を表現した銘木ウッド調や重厚感を演出するレザー調のドアと、鏡面仕上げの石目柄の床材などが上質感、高級感のあるこだわりの空間を演出します。
また、hapia basis(ハピアベイシス)には、室内ドア6色柄37デザイン、床材6色柄、階段8色柄、収納6色柄をラインナップ。従来の主力ドア製品“RVシリーズ”において好評の6色柄を選定し、新しいニーズにも対応した37の豊富なドアデザインとのコーディネートで、お施主様の様々なお好みに対応します。

ハピアプレミア施工イメージ(グロス調)とラインナップ
ハピアベイシス施工イメージとラインナップ

<ポイント3>新しいニーズに対応した新ドアデザイン
従来、住宅の居室(個室)には、小窓やスリットを用いないパネルタイプデザインのドアをご提案していましたが、近時ではプライバシーを守りながらも、在室している気配を感じたいというニーズがあることが分かっています。そこで、新“hapia(ハピア)”シリーズでは、細いスリットを用いた、プライバシーを守りながら明かりで在室していることを確認できる新しいドアデザインをご提案します。また、従来に比べてよりシンプルでモダンな「和」の空間をご提案できるドアデザインなども拡充します。

<ポイント4>使いやすさに配慮したハンドル・引手を採用、便利な開閉機構にも対応
ドアについては、お施主様の使いやすさに配慮し、部材や機構に工夫を凝らしています。
開き戸タイプでは、握りやすく袖がひっかかりにくい「スマートレバーハンドル」を標準仕様とし、使いやすさ・安全への配慮はもちろんのこと、ドア表面の柄やデザインも引き立たせます。
引き戸タイプには、指先がひっかかる手がかりがついた新タイプの引手を採用。また、便利な開閉機構「両側ラクラクローズ」を標準仕様としています。引き戸を閉める際には扉をゆっくりと引き込み、しっかりとキャッチして扉を確実に閉めるため、扉が閉まりきらないままになることを防ぎます。反対に引き戸を開く際には、勢いよく開いた扉が枠に当たって跳ね返るのを防ぎます。
(開き戸)(引き戸)
(1)握りやすい形状
(2)袖がひっかかりにくく安全
(3)台座が目立たずスタイリッシュな外見
(1)力をかけやすい手がかり付
(2)ビスが見えない設計でスタイリッシュな外見
(3)ビス止め不要で簡単施工
ラクラクローズ機能を両側採用。
扉をゆっくり引き込み、しっかりとキャッチして扉をしめる、
または、開いたときの跳ね返りを防ぎます。


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。


ページのトップに戻る