木に硬さという性能を

ホーム > 公共・商業施設 > DAIKENの技術 > WPCテクノロジー

床材 WPCテクノロジー

木に「硬さ」という性能を。

WPC(Wood Plastics Combination)とは、
木材組織にプラスチック樹脂を注入・充填し、
硬化させるDAIKEN独自の加工技術。
天然木の自然な美しさや風合いは保ちつつ、
優れた耐久性を実現します。
例えば、国産材の多くを占める杉は、
材が軽軟なため、床材として使うには耐久性が低いのが課題でした。
そこで、WPC加工により、
杉を表面化粧材として用いた上質な味わいのある床材を開発。
木が持つあたたかみを味わえる製品として、
多くの施設でご採用いただいています。

WPCフロアーの仕組み

一般の床材

木材組織そのままで、やわらかく、傷つきやすく。

一般の床材写真

一般の床材画像

衝撃に弱い空洞だらけの木材組織。圧力が掛かると潰れてキズの原因に。

WPC床材

プラスチックを充填し、汚れキズに強さを発揮。

WPCの床画像

WPCの床画像

木材の空隙部にプラスチック樹脂を充填させて硬化させました。空隙の中の樹脂が支えになって圧力を加えても凹みにくく、傷になりにくい。

WPCフロアーの特長

一般の床材

17年の歳月を経ても、美しさを保ちます。

中学校昇降口の例

WPC床材と無垢材の比較

ヒール跡・擦り傷イメージ

ヒール跡や擦り傷など、
様々な傷に強さを発揮します。
〈机等を引きずってキズのつき具合を確認〉

一般床材 WPC加工+Wハードベース

WPCフロアの傷への強さ。

キャスターによる凹み傷イメージ

キャスターや車椅子による
凹み傷にも強さを発揮。
〈35,000回往復し、凹み、剥離、摩耗を観察〉

一般床材 WPC加工+Wハードベース

WPCフロアの凹みへの強さ。

床の汚れのイメージ

お手入れのしやすさ、
耐汚染性の強さも自慢です。
〈カレーを20分間放置〉

一般床材 WPC加工(ステンガード機能)

WPCフロアの汚れへの強さ。

店舗・オフィス・宿泊施設・文教施設、あらゆる施設の床を守るWPCフロアー

製品紹介

土足対応フローリングの新しいスタンダード。

WPCフローリング
コミュニケーションタフ DW

コミュニケーションタフ DW

■無垢床材との硬度比較 ブリネル硬度試験(JIS規格参考試験)を元にナラを100として算出。
※本データは実験値です。
保証値ではありません。

存在感のある幅広デザインが、上質な空間を演出します。

WPCフローリング
コミュニケーションタフ FW
(幅広タイプ)

コミュニケーションタフ FW

転倒の衝撃も受け止め、ケガを防ぐので
幼稚園など子どものいる場所でも安心

WPCフローリング
コミュニケーションタフ ケア

コミュニケーションタフ ケア

■床の硬さ試験 JIS規格(JIS A 6519)では、人間の頭部モデルを落下させ、床との衝突時の加速度(G)を測定し、 安全性を評価します。転倒が懸念される場所に使用される床は、G=100以下が安全上の推奨値となっています。 コミュニケーションタフ ケアは、G=100を大きく下回り、より安全性の高い床材となっています。

ホテル向け床材

WPCフローリング
コミュニケーションタフ 防音

コミュニケーションタフ 防音

ホテル等で木質床材を使用する場合、防音性能を確保するため、床下を二重構造にしたり、スラブ層に防音材を組み込む「浮き床工法」などの防音対策を講じる必要がありました。

軽減床衝撃音程底低減性能

WPCフロアーの品番や価格など、
より詳しい情報をお求めの方は
製品情報へ

PAGE TOP